小さな恋のおはなし

言葉じゃ足りないほどの 想いを込めて

平成最後の夏。

 

2018年8/7〜8/12の間

TOKYO DOME CITY HALLで行われた

Summer Paradise 2018 Snow Man公演。

 

これが最高すぎて、ツイッターだのインスタだのではまとまらないので久々にはてブ開きました。

 

期間中たくさんのすの担とお話しして、

様々な人と連番して、

公演終わりに打ち上げして語りましたが、

みんな思うことは一緒でした。

 

全てにおいてSnow Manのスキルがあがっている…

 

セットリストの組み方をみても、

今回は全グループ共通の部分があり、

難しかったと思うのですが、

魅せるところ、聴かせるところ、ファンと一緒に楽しむところをしっかりと作りその中でSnow Manの良さをうまく生かしていて、

2時間無いライブなのにとても満足感がありました。

 

もちろんセットリストだけでなく、

歌、ダンス、トークのスキルも驚くほど上がっていました。

私がSnow Manを好きになった時、

歌はお世辞にも上手いとは言えませんでした。

歌もっと頑張ろ!?とたくさん言っていた記憶があります。笑

しかし今回、Can't Get Enough の高音、夕空での全員のソロパート、びっくりしました。

まさか、げりなふをすのが歌えるなんて。

バラードを1人ずつ歌うなんて。

ダンスはもともとハイレベルでしたが、

曲によって踊りの表情が変わる感じがして、

魅せるのが上手くなったなと…

 

何よりトーク力。

今回は三宅さん提案のコーナーを佐久間さんが仕切っていて、真ん中で暴れる佐久間さんを周りがつっこんで、のっかって、本気でツボに入って笑いころげたり、仲が良いのがとてもよく現れていて、

面白いこと言おうとか、頑張ってる感なく、

素で爆笑している6人を見て

ファンも自然と笑って、

とても幸せな時間だったなと思います。

今回のライブなにが1番好きだった?と聞かれたらMC!と答えかねないくらい、毎公演MCが大好きでした。

 

 

きっとこれはSnow Manが自分たちに自信と誇りを持ってくれたことが大きいのかなと思いました。

その要因には2017年からの様々な経験があると思います。

新たな先輩、後輩との関わり

新たな場所でのライブ

たくさんの単独公演

仲間のデビュー。

ここ一年半ほど休みなくステージに立って味わった、喜びも苦悩もすべてを確実にものにした彼らはとても輝いていました。

 

そして、ファンのことをとても考えてくれているライブでした。

たくさんの愛と感謝をもらった気がしています。

イケメン!とライブ中に何度も叫ばせてくれるの最高じゃないですか???事実イケメンですし!?

 

 

と、まぁこんな具合にたくさんのヲタクと語って目をウルウルさせた6日間だったのですが、

だいたいまあ

なんでデビューしてないんだろう。

って話から入るんですよね。

 

私がSnow Manに出会ったのは

オーラス8/12のぴったり2年前でした。

すのに関して新規ではあるけれど、

じゃにをた歴は無駄にあるので、

スキルのない人たちのことは好きになりません。

2年前もなぜこの人たちがデビューしてないのかと全く同じことを思って

すののファンになりました。

(前回の記事にすのを好きになったきっかけは書いたので詳しくはそちらを…)

 

 

 

 

彼らが一時期避けているかのように言わなかったデビューという言葉を、また目標として、しっかりと口に出してくれるようになった。

 

 

入手困難なグッズがあった、

生でSnow Man見るのはこのライブがはじめてという人がたくさんいた、

Snow Man自身が心からこのライブを楽しんでいるのが伝わってきた、

 

そんな最高の平成最後の夏

彼らの掲げた目標を叶えてほしい。

ずっと笑っていてほしい。

 

だから、

 

絶対デビューしようね。

Snow Manとして。6人で。

 

素敵な夏をありがとう。

 

One summe's day

 

気づいたら、前回のブログから結構な月日が経ってしまいました…それぐらい忙しいというか、気持ちも、予定もバタバタした2017年だったな…なんて思っている今日この頃。落ち着いたら、書こうと思っていた私がある6人に一目惚れ(?)した話をさせてください。

 

2016年夏。

私は初めてジャニーズJr.の現場に入りました。

まぁあれです、サマステってやつです。EXシアターの。

 

 そもそも、

「絶対ジュニアなんか好きにならないから!」

(盛大なフラグですね。)

とかほざいていた私が妹に影響され、

ガムシャラを見て、少クラを見て、

ころっとおとされ2016年春前ぐらいから某ジュニアくんを応援していたわけなんですが、

その年の夏の現場はあいにく私の担当と妹の担当が同じ公演にはならず…

仕方なくお互い協力しあって私も妹の担当のいる公演にも応募するし、妹も私の担当のいる公演にも応募する。んで当たったら一緒にいく。という約束で、応募をしました。

 

 

が!!!なんと妹が私の担当のいる公演の応募を忘れたとか!応募期間過ぎてからいってきたんですよ!ふざけんな!!

その時私は言いました

「これで私がお前の担当のいる公演当てたらどうすんの!?悔しすぎるじゃん! 」

(盛大なフラグ②です)

 

そう、本当に当たってしまった、当たってしまったなんて言い方は良くないけれど。あの倍率のなか私の名義はなんと妹の担当萩谷慧悟くんがいる、

Love-tune.SnowMan.髙橋海人公演を勝ち取ったのです。

(今でこそ交換とかって知識?あるけど当時ど新規のジュニア担にはそんな考えなかったよね!まぁ交換なんてしなくてよかったって心の底から思ってるけど!)

 

そしてこの公演がSnowManとの出会いでした。

本当に、申し訳ないし、もっと早く知ってたかったと悔しくもなるんだけれど、当時の私はSnowManの顔と名前がほとんど一致しておらず…🤦🏻‍♀️

深澤さんだけでした…多分…後の人たちはだて様って人と、なべしょって人と、気象予報士のあべくんって人と、三宅さんに猛アピールしてた佐久間って人と(実はV6掛け持ちです)、筋肉のひかるくん。って名前知ってるけど顔出てこなかった。覚えてからライブぐらい入れよって感じなんですけど、興味のないことって頭に入らなくてダメで…

 

らぶもなんか増えた時期で(言い方)複雑だったし、何色でペンラ振ろう?なんて直前まで決めかねてたレベルだったんです。

 

結局、つけた時一番初めってのと、周り見たら全然いない色だったからって理由で赤をずっと振ってました。(かいちゃんのソロは黄色にしてたよ!)(宮舘が赤って知らなくて妹に赤の人どれってすのでてきて聞いたのはナイショ🤫)

なかなか良番で、赤を振ってそんないいとこにいるのになーんのアピールもしないから宮舘さんと真田さんにすごく不思議そうな目をされたのを覚えています。

(アピールとかファンサとかどんなもんなのかジュニア担の世界がわからなかった)

 

で!なにって!宮舘さん、不思議そうにこっちを見た後に目合わせたら思いっきり微笑んできたんですよね。

そーの笑顔がたまらなく好きで、意味がわからなくて、私の周り赤いないし、絶対目合ってたし、あれが舘様ってやつなのか…(??)って一度気になってしまったらもう宮舘さんしか見れなくて!?!?

 

そしてここにさらにです。パフォーマンスバトルのSnowManの『夢でまた逢えたら』

これが!好きで好きでしょうがないやつだったんですよね!!はじまりのオルゴールも、先取り(?)マネキンチャレンジも、ハイレベルなパントマイム?も、わかりやすいストーリー設定も、もちろんアクロバットもダンスも、

「え、この人たちすごい、ジュニアってこんなにすごいの?なんでデビューしてないの?」

これが終わってすぐの感想でした。

実力のある人から前に出される世界だと思ってたから衝撃的で…笑

名前と顔もろくに一致してない私が、贔屓目でもなんでもなく、当時の担当がいるグループよりこのグループがすごいと思った。

2016年に入ってからずっとみていたはずのジャニーズJr.の世界なのに半年以上経ったこの日やっとこの世界のすごさとやばさ(語彙力)を知った気がした。

なによりSnowManというグループを応援したいと思った。

(そのあとSnowManのことを勉強して、秋の終わり(?)頃から宮舘さんを自担と言うようになりました。)

 

 

 

こんなに素敵なパフォーマンスできる人たちをこのままにしておくのはもったいないなーと思いつつ、ゆっくりでもいいから夢を掴む日まで、もっと大きくなるであろう彼らをずっとずっと好きでいたいなーって思います。

 

 

 

地方の冴えない学生が真夏に雪だるまに恋したお話でした🤔

 

世界一。

 

 

私の中で世界一かっこいいアイドルグループがこれで事実上解散になる…

 

親の影響で、物心つく前から親子席で彼らのコンサートを見てきた。ファンにならないわけがなかった。

その後他のジャニーズグループの事も応援するようになったが、やっぱり彼らの安定感とアイドル力、いやそれ以上の何か特別な雰囲気と迫力を超えるグループはなかった。

 

完全に個人的意見だが、彼らの解散はアイドル界にとってジャニーズにとって大きな損失だと思う。

報道の出た1月から本人たちの口から確かなことが語られることもなく、事務所も解散についてはそれを告げる文章をFC会員宛に送っただけ。

週刊誌や新聞に載せられる情報は何が正しくて何が間違っているのかもわからない。

本人たちの言葉しか信じないと言いながらもファンは相当、不確かな情報に惑わされていた。私も彼らのファンである以上、鵜呑みにしてはいけないと思いながらもどこかでその情報のことが忘れられなかったりもした。

 

そんな一年を過ごしてもうここまで来てしまった、彼らの解散という事実は揺るがないものになってしまいつつある。

私は、不確かな情報だけで何でもかんでも事務所のせいにはしたくはないし、全てを後ろ向きに捉えて否定ばかりするのもどうかと思う。

悲しいし、涙は止まらないけれど、

誰も死んでない、みんな生きてる、

極論、みんなが元気にわらっててくれたらいい。と思えるようになった。

諦めるわけではない、

数年後5人で、なんなら6人で、今のことも昔のこともぜーんぶ笑い話にして、また、テレビに、ファンの前に出て来てくれる事を待とうと思う。

ただいまって、言ってくれるの、ずっと待ってるから、その時は最高の笑顔でおかえりって返せるように準備しとくから。

 

結成から28年。デビューから25年。
走り続けてくれて、たくさんの道を切り開いてくれて、ありがとう。SMAPが大好きです。

 

 

p.sジャニーズJrを応援している目線から

届かないかもしれない大きな背中だけど、それを見せてくれた先輩がいることに誇りを持って、Jrには必死にこの背中追いかけてもらいたい…大きくなってね…

ドームが嫌いです。

 

タイトルの通り。

わたしコンサート会場としてドームが大っ嫌いなんですよ。

 

以前担当していたグループがドームしかやらないスーパーアイドルでして。

何度かコンサートに行ったのですが、遠い

席運がないもので、ほとんどが天井席だったというのもあるのですが、アリーナ席とメインステージの距離もバックステージとスタンド席の距離もあきらかに他の会場に比べて遠くないですか!?

それに高いお金を払うのも馬鹿げて来て…

(まあ他にもいろいろ理由があって)担降りしたわけなんですが、、

 

高いお金払って、天井席でもいいからみたい!と私が思うグループは親の影響で小さい頃からコンサートに行っている某5人組だけでして。

さすが25年やってるだけありますよね、ほんとにすごい、どこよりも長いコンサート時間、凝った演出、何かもうジャニーズのコンサートという領域を超えたショーを見てる気分になるんです。(Mr.Sを見てくれ…!)

 

でもやっぱりその他のグループに対しては近くで見たい、あわよくばファンサもらいたい、落下物ください。

っていう欲が勝つんですよね。

 

タレント側はドームを目標にしていることが多いので、いつも複雑な思いになるのですが、なんでドームでやりたいんでしょう…

 

やっぱりファンとはそれなりの距離を保ちたいんですかね!?💥💥💥

本気でこんなこと思ってる重たいヲタクじゃないんですけど、でも気になりません…??

 

 

 

 

なりま…

 

 

 

 

せん。

そうですよね、こんなこと思ってるの私だけですよね、ドームコンサートおめでたいですよね、はぁーでも口が裂けてもおめでとうとか言えないごめんなさい💥

 

Twitterで散々言ったんですけど共感者が見当たらず。スッキリしなかったのでここに書き出してしまいました…)